笑顔で親指を突き出している男性

バイアグラは現在EDの治療薬として最も有名な物になりましたが、実はこのバイアグラはEDの治療薬として開発されていたわけではありません。
バイアグラはもともと狭心症などの心臓疾患を改善するための薬として作られていたのです。
例えばニトロと呼ばれる薬などは狭心症を治すための薬の最たる例ですが、バイアグラはもともとこれと同じ役割を担っていました。
ですが実際に試作品の薬が完成し、臨床試験をしてみた所、心臓疾患を改善する作用はあまり見られなかったのです。
このまま製造を続けても意味は無いだろうということでバイアグラの試作品は回収されることになりましたが、不思議なことに被験者となった男性の中から「返したくない」という意見が出てくるようになりました。
返却を拒んだ被験者たちに話を聞いてみたところ、多くの人が「バイアグラを飲むようになってEDが改善された」という報告をしたのです。
そこで開発元のファイザー社は狭心症の薬として開発することは中止したものの、新たにED治療薬としての開発を行うこととなりました。
そして新たにEDを対象としてデータを集めて試験を行っていった末、現在のようにED治療薬の第一人者としての立場を確立するに至ったのです。
現在ではED治療薬も何種類かが販売されるようになっていますが、それでもED治療薬の業界においてバイアグラが持つ知名度は他の追随を許さない状態にあります。
ちなみにバイアグラの併用禁忌にはニトロなど血圧低下作用を持つ薬が挙げられていますが、その併用禁忌となっている理由もこれらのことが理由です。
もともと血圧低下作用がある成分を使っているのですから、ニトロなどと併用すると血圧が突然下がってしまい、生命維持ができなくなるリスクがあるのです。
最近ではこのバイアグラのジェネリック医薬品も開発されています。
バイアグラのジェネリック医薬品の一つにカマグラという製品があります。
バイアグラと同じ成分であるシルデナフィルが含まれており、シルデナフィルは陰茎の勃起を妨げている酵素PDE5の働きを抑えるため、勃起不全を改善するのに効果があるとカマグラは口コミでも人気です。
購入方法については 個人輸入サイトから簡単に入手することができので、気になる方はバイアグラのジェネリックを通販してみるとよろしいです。
またカマグラはバイアグラのジェネリック医薬品ということで、バイアグラよりも安く手に入るということが嬉しい点の一つです。